スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この親父...チェンジで」byペルセウス

『タイタンの戦い』の感想です。ちょっと長いです。

これ見た時期、ハリポタでスネイプ先生の吹き替えをやりきった声優、土師孝也が私の中で凄まじいほどブームでした。
何か面白い映画はないかなぁ、ついでに土師さん出てるといいなぁ…と検索中に、たまたま見かけたんですよ。


藤狐
「『タイタンの戦い』かぁ 面白そうだけど...ハデスの声が土師さんとかだったら完璧に観んのにな~」

ウィキペディア
ペルセウス/サム・ワーシントン…藤真秀
ゼウス/リーアム・ニーソン…津嘉山正種
ハデス/レイフ・ファインズ…土師孝也

……っ!? Σ(゚・゚ノ)ノ

藤狐「…ちょっと、DVD借りてくる」
「何 借りてくるん?」

藤狐「タイタンの戦い。行ってきまーす」

こんなことが起こりまして、観賞に至りました。奇跡です。
まさに神キタ―――(笑)
完全にハデス目当てで見た作品です。
主演はアバターでも主演だったサム・ワーシントン。
アクションシーンも多く、娯楽映画として見て損はないですよ。


ただですね、ストーリー面は少し雑というか、なんというか…
ツッコミどころが多々ありました。 ( 'A`)ー3

以下、ネタバレ注意。また、結構ゼウス ディスってるんでゼウスファンの方は注意です。
ちなみにゼウスの扱いはアレですが、演じているリーアム・ニーソンは嫌いな訳ではないですよ。
渋みのあるいい俳優だと思います。

※ストーリー※ 
 神の王であるゼウスをトップとして神が君臨していた古代ギリシア時代。ゼウスは人間を創り、彼らからの崇拝と愛を糧に不老不死を保っていた。
 しかし、傲慢の限りを尽くす神々に対し、ついに人間たちは反旗を翻す。怒り狂ったゼウスは、兄であり冥界の王であるハデスを人間界へ解き放ってしまう。
 かねてより神々を侮辱していたアルゴス国王と王妃の前に現れたハデスは、10日後の日蝕の日に海の魔物・クラーケンを放ち都を滅ぼすと宣言。滅ぼされたくなければ、王女・アンドロメダを生贄に捧げろと要求。
 クラーケン討伐の命を受けたペルセウスは、神の血を引く者として世界の存亡をかけた戦いに挑む。
(ウィキ引用)

てな、感じの話で、神の存在がとてつもなく身近な世界です。何かあるとすぐさま神様降臨します。
そんな「タイタンの戦い」。 諸悪の根源は三男ゼウスじゃね?と思えてなりません…


まずゼウス。過去にも一度人間に反旗を翻されたことがあるそうです。
逆らった王への仕返しに、王の奥さんに手出しちゃうんだよね
その際、できた子がペルセウスなんだそうな…。

うわぁ... まさに外道の極み。ドン引きです。

藤狐にも弟が一人いますが、ゼウスみたいな奴はちょっと…
ハデスは大変ですね。同じく弟を持つ立場上、私はハデスの味方です(笑)


そんな、最高神ゼウスの息子ペルセウス。海を漂っている所を拾われ、漁師として生活中。
ある日、漁の最中に崖のゼウス像が、兵士によって破壊されるのを目撃。
「あ…ちょっと、マズくね?」と見守っていると、ブチ切れたゼウスにパシられた彼が…


来たぜっ!
ろくでもないゼウス、影の薄いポセイドンの兄ハ・デ・スがっ

ハデス兄たまー! (キャーー こっち向いたーー}o(≧∇≦o)
ヤヴァいです。ハデにぃ、存在感パネェです。

このハデスを演じた俳優さん。なんとあのレイフ・ファインズなんですって
ハリポタで名前を言ってもらえないあの人。 そう、あの俺様ヴォルデモートを演じてた人です。
それでいて、吹き替えはスネイプ教授っすよ。なんだこのコラボww

見た目は俺様っ! 中身は吾輩っ! その名も「冥界王 ハデス
てな感じ(笑) (まぁ、演じてる俳優が同じだけあってヴォルとは似てませんがね)


それにしても…たかだか、自分の等身大以上のフィギア壊された程度で、ハデス送り込む対応は大人げなさすぎやしませんか?
色々な意味で、先に手が出る癖直した方がいいぜ ゼウスさんよ…( ̄△ ̄;)
ここでも、ゼウスの好感度ダウン↴です。あんな神、リスペクトしろと言われてもちょっとね…無理が…


この送り込まれたハデスの鉄槌で、海の上にいたペルセウス達の船は転覆。育ててくれた親を失ってしまいます。

その後、生き残ったペルセウスは同じく生き残った兵士によってケフィウス王の元へ連行
そこでは、ゼウスの像を破壊し、神と戦った英雄扱いで帰還した兵士の労いパーリーが開催中。

そんな中
止せばいいのに王妃が 「ウチの娘、女神アフロディーテより可愛いし」と超ど級の娘自慢。
この世界、簡単に神が人前に降臨しちゃうんですから今回も例外ではないです。
(神もその程度の発言 無視すればいいものを…)


調子こいた発言聞いてゼウス激おこプンプン丸です。(#`皿´)

おかげで、まぁたハデにぃが人間界に出張です。
像倒された時といいゼウスの使いっパシリぽい感じが否めませんが、そんなこと気にしないっ!

王宮でも一暴れするハデにぃ最高です。
ホント、教授の声以外の何物でもないんですもの…。目をつぶればほらそこに教授が……

あまりのカッコよさに飲んでたココア流失。`;:゙`;:゙;`(゚Д゚*)
これ以上喋らんといて下さい。そして私のバンホーテン返して…



ハデスは、調子こいて逆らった人間に対してクラーケン放つから。
助かりたかったら、自慢してたアンドロメダとかいう娘 生贄に出せと要求します。

これを聞き、さあ大変だ。とクラーケンを倒す旅に出ることになります。神の息子とばれたペルセウスも行くことになります。

あと、なんかイオとかいう女性も登場し、旅についてくることになります。
このイオ、過去に神様3兄弟の次男ポセイドンに告られたが拒否ったところ不老不死にされたそうで
その後、ずっとペルセウスの生涯を見守っていたそうな…。

ここで、影の薄い次男ポセイドンの株価大暴落ですよ。
サイッテーですね。( ゚д゚)、

悪いのはフッたイオではなくポセイドンでしょう...。
神に告られたら拒否権ないんですかね!?信じられません。
不憫でなりませんよね。 もうね、ペルセウスずっと見てたとか新手のストーカー?とか思いませんよ...。



そんなこんなで旅スタートです。
で、息子が旅に出た事を知り、心配したゼウスが二つのものを送る。
一つは武器なんですが、もう片方がなんとペガサスなんですよね。

このペガサスがもう綺麗な子なんスよ。しかも、ペガサスっていたら白が普通ですがこの子、真っ黒なんですよね。堂々とした体格のいい馬でしたww
例え、初乗り料金が高くともあのペガサス乗りたいです。

とんだダークホースですよ 黒馬だけになっ!




………旅の途中には、ペガサス以外にも様々な生物が登場しましたね。(゚▽゚;)

まず、でっかいサソリ戦
ハデにぃに上手い事利用されている元王様の切り落とされた手からトランスフォームという登場です。
サソリ戦は、手に汗にぎりますね。原始的な一狩り行こうぜのノリで、結構好きなシーンです。
しかも、このサソリ、最終的には移動手段になるんですよ。若干横揺れがしていた為、酔いそうですがいい仕事してました。


今作では、中ボス扱いのメデューサ戦

とにかくメデューサが不憫でならねぇ…。この人 ポセイドンの告白されて断ったものの、ポセイドンの嫁が嫉妬しあの姿に変えられたそうですね。

怖ぇぇ…((((;゚Д゚))))
まさに、鬼畜の所業っ!
尊敬も何もできねぇ...神っては、もっとまともだと思ってたよ…。

しかもこのメデューサ、ぶっちゃけ今回の戦いには全く関係ないです。
クラーケンを倒す為だけに首落とされるとか...最終的に無事にクラーケン倒すんですが石化後、首紛失しちゃいます。役目果たしたらポイかよ…そこは、弔ってやれよな↴ 


クラーケン戦は、面白いのですがもう少し暴れても良かったかな。少し物足りなさを感じました。
ハデスのログアウトもあっけないしさーーー

適役の扱いが雑っていうか、可哀そうでならないです。
ハデスを敵にしたいのは分かりますが、敵になった背景が微妙でしたね
あの感じじゃ、完全にゼウスが原因じゃないですか。そこが少し納得いかないです。



最後に 今作、無理やり適役であった冥界の主ことハデにぃ。

考えてみれば、悪い存在ではないですね。担当部署が冥界ってだけの神様ですよ。
死者を裁く、日本でいうところの閻魔様みたいな感じですかねぇ。

しかも、ゼウスに押し付けられての冥界担当。やりたくてやってる訳ではないだろうに、ちゃんと仕事こなしてるんですよ。あのゼウスでも、冥界のことについては口出しできないらしいですからね。

しっかり冥界運営してるハデにぃ 好感度急上昇↗



作中で、ハデにぃの仕事中シーンがあったらいいのになぁぁぁ!
ケルベロス適当に構いながら、黒い羽ペン片手に書類とにらめっこ。

もう…ココア散らかしながら転げ回りますよ。`;:゙`;:゙;`(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)!!!!
ついでに、執務中だけ眼鏡かけてたら なお良しっwww

(何?その時代に眼鏡ないって?……細けぇ事はいいんだよっ。 ちなみに眼鏡は銀縁なっ! 細いフレームのっ)

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

訪問者さま
プロフィール

藤狐 (ふじぎつね)

Author:藤狐 (ふじぎつね)
―巣穴―
 東日本
―誕生日―
 アンディ・ガルシアと一緒

訪問ありがとうございます。

洋画に偏りがちな気ままな感想文で、内容と好みの場面をピックアップしてツッコミ入れてます。
アニメ・小説の感想、日常もちらほら登場。

気分に乗じて書いているので、シリーズ物は ばらけがちです。
また、ネタバレは大いにありますのでご注意ください。

☆作品一覧はこちら☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ご挨拶
こんにちは 初めての方は初めまして
ポチっとな
どちらでも構いませんので、押していただければ幸いです
ブログラム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。