スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネイプ教授(の衣装)拝んできました

先日ですね、六本木で行われている『ハリー・ポッター展』行ってきましたっww

  ハリポタ展 買った  ハリポタ展2

長い感想になりそうです。
展示会場は若干うろ覚えですが早速書いていきますっ
ある一人の人物にフォーカス当ててる感は、気のせいですよ きっと―

ということで、六本木駅下車 森ビルへGO。
夏休み前でしたが、日曜日だったので、混雑してましたね。
チケット引き換えから52階の展示会場までは…長かったぜ。ビルの中は涼しかったのが救いでした。ι(´Д`υ)

列の途中では、記念の写真を撮る場所がありまして、ブルーバックの前で写真を撮り、後で好きな背景を合成で入れて作ってくれる(有料)というものもありました。(結果、記念に購入)


やっと会場にin
のっけからハリポタワールド全開です!
噂で聞いていた組み分け帽子が初めからきました。時間の関係上、実際に組み分けてもらえるのは2~3人のようですね。
私、スリザリンがいいんですがやってく自信ないんで、ハッフルパフあたりでいいです。地味な分、行動しやすいのではと…  
色々な意味でね…(笑)  |д`).。oO(先生…/// )


組み分け後、何やらモニターのある部屋へ移動。6枚くらいのモニターに映る今までのシリーズのハイライト映像放送。こんなシーンあったなとか考えてると、周りからザワザワ…と。

なんと横の壁が開きそこからあの列車出現 ホグワーツに到着です。
演出がもう素晴らしいのなんのって。初っ端から感動したっ! そこから、ハリポタワールド卍解ですよ
列車の登場から始まる小道具・衣装の嵐


列車の先では、壁に展示された肖像画がお出迎えしてくれます。実際に動く肖像画のはグリフィンドールの談話室入り口の「太ったレディ」だけなのが少し残念ですが…。
しかも、レディ…声でコップを割ろうとするシーンだったので、キャーキャー若干うるs…

レディの甲高い声をBGMに先へ進むとハリー達グリフィンドールの男子寮や制服の展示コーナーへ
寮のベッドは、年期を感じさせつつ奇麗なベッドでした。天蓋付ベットって地味に憧れます。寝てみたい(-.-)Zzz

あと、映画では気が付かなかったんですが、掲示板なんてものもあったんですね。英語が大の苦手な藤狐には掲示物の内容はあやふやなんですが、新鮮でした。
私の大学の掲示板には、教授からの呼び出しもあったんですが、そういうのもあるんですかね。
スネイプ先生の呼び出しなら地下へ、クラウチングスタートでダッシュしま…(自重)



そして発見しちまいました…ハリーの私物。なんとハリーの眼鏡がありました。
みなさん!本体が来てましたよっ  眼鏡掛け器の方は来る訳ないんですけども(笑)

ハリー以外にも、ハーマイオニーやロンの普段着、ネビルやルーナの小道具も展示されており(こんなのあったっけと思いつつ)細部まで見ることができました。
特にハッフルパフやレイブンクローのものは、映画でもしっかり見ることがなかったので楽しかったですね。



次のコーナーは大本命ですよ
そう ホグワーツの教師陣のターーン!

『秘密の部屋』で登場し、決闘で教授にコテンパンにされたロックハートの衣装からスタートです。
ロックハートに関しては二つばかりツッコミどころが…

 1.なんでロックハートが一番初めに展示されてるのか
 2.他のキャラに比べ、あからさまに衣装・小道具が多い

何でですかね?2・3着ある衣装から著書の書籍、果てはテストの問題用紙までありましたwww
テストはどんな問題が書いてあったんでしょうか?やっぱりロックハートの事に関することなんでしょうかねぇ



そんなロックハートの衣装を眺めてると、視界の端が何やらピンクピンクしてるんですよ…
言わずもがな『不死鳥の騎士団』で事もあろうにスネイプ先生の授業に口出ししてたアンブリッチですよ。(私のパソコン、何度打っても「暗部立地」と誤変換します。どんな立地条件だ?)
アンブリッチの衣装、私物はともかく、ネコの絵皿は可愛かったです。当然動きゃーしませんがね~



視界いっぱいピンクは十分なんで、気を取り直して次行きましょうかね。
ピンクから一転地味な落ちついたくたびれたような茶色一色…。そしてびっくり箱やボガードの箪笥の存在感がでかい。

そう、『アズカバンの囚人』で登場した 教師では理想的ではなかろうかと思うルーピン先生の展示です。
展示されている小道具があからさまに少なかったのは残念でしたが、逆に先生らしさが醸し出されていました。
また、全体がトーンダウンしてはいますが、不思議と落ち着く空間であったのは、ルーピン先生の持つ雰囲気の賜物ですかね。実際に彼の講義は受けてみたいと思う今日この頃です。




ただですね。そんな落ち着くルーピン空間(笑)なんですが、あるものが視界に映った瞬間落ち着いてられなくなりました…。

見ちゃったんですよ、私...視界の端にちらつく
漆黒の衣装
ここは、教師陣の展示スペースですよね。ホグワーツでそんな衣装をまとってるのは一人しかいなくないですか!?

今回、これを拝む為に来たわけで。ルーピン以上の心のオアシス登場。
あれですね、本当に好きな物(者)の前に立つと黙っちゃうもんですね。

これに関しては一言「何も言えねぇ…」(//゚△゚//)


歩くだけで床の掃除ができそうな長いローブ、冬の女子高生さながらの長い袖を兼ねそろえたガードの固い衣装が健在です。
ただ、余すところなく黒と思わせて襟元・袖元から見える白いシャツがまたね...
99,9%の黒と0.01%のが…たったまらん…

もう、あの上着脱いでくr(本日2度目の自重)

今までシリーズを通してみてきたスネイプ先生の衣装が、実際に目の前にある。
もうね、まじまじと眺めてきましたよ。襟もとからつま先までなっ 
撮影禁止という事で、目に焼き付けてきました。 できることなら触りたかったぁぁ…無理だけどっ

唯一の心残りが靴が確認できなかったことですっ。 どんなデザインの靴なのかが見たかったーーーーш(´[]`)ш
恐らく、こればかりは確認できない事項でしょうね………永久に……(泣)

という事でっ、私はブーツだと思い込むことにしまっすwww


そうそう、小道具も素敵でしたよっ
特にプリンスの蔵書…いたるところに書かれたメモの字が綺麗なこと。メモだらけなのに読みやすいったらないです。
ハーマイオニーでさえ女の子の字だと勘違いしてましたが、あの繊細な字体じゃ勘違いもしますね~///

杖も、柄のほうはいつも先生の手に隠れていたんで、見たのは初めてでしたし、あんな模様が彫ってあったとは...
もう、スネイプ先生の展示場は夢の宝庫やで~(*´ェ`*)


……っえ? 横にスラグホーンの衣装・小道具もあったはずだって?
あー そーいえば……言われてみればそんな気もしますねー
スネイプ先生しか見てなかったから、印象にはあまり残ってないっすね(笑)
カタツムリっぽい杖があったような無かったような…

とにかく、このコーナーは最高でしたっ!




次は、確かクディッチです。実際のユニフォームが展示されてたかな

ただ、一番印象深かったのはホグワーツの体育教師ことフーチ先生の衣装。
めちゃくちゃかっこいいデザインしてるんですね。地味にファンキーなデザインでした。


他に印象に残ったコーナーといえば…ハグリットの小屋ですかね。巨大な衣装も飾ってありました。
ただ、ハグリットって実際には身長普通ですど、あの衣装は実際に使ったんでしょうか?気になります。
あとは、ハグリットの使ってるソファーがやけにふっかふかだったのを覚えています。あの椅子ほしいです。  
デカくて置くとこねーけど



デカいと言えば、ハグリットの小屋に隣接しているコーナーなんですけど、「アズカバンの囚人」で登場したヒッポグリフはガチでデカかった。
あの大きさの為、首回りも極太でして。いくら大鉈持った執行人でも一発で首を落とすのは難しいですよ、あれは…
まぁ、執行人があの『世紀末の方々』並みの筋力持ってるなら話は別でしょうけどもね~。

しかも、その前にはハリーたちの衣装が飾ってあるんですが、いかんせん衣装だけなもんで、首がないんですよね。
パッと見、ヒッポグリフの前に主人公たちの首がっ!?って思えます。




その先は~……
「禁じられた森」とか、「デスイーター」のコーナーとかが面白かったかなぁ
デスイーターの仮面とか映画じゃ、じっくり見ませんから、飽きることはなかったですね。

……ただ、「禁じられた森」コーナーに展示されたセストラルの子供はじっくり見たくないです。可愛くないんですもの(-"-)


校長の衣装とか、ダンスパーリー時の衣装もありましたがその辺はあまり印象に残ってないですねー。
もちろんつまらなくはなかったですけど…ね…。
教授の衣装に比べるとね……印象に残りにくかったです。


という事で総括。
ハリポタ展、最高でした。映画で使われた衣装・小道具なんて実際に見れる機会はないんで、良かったです。
これで、入場料2300円は安いと思います。払って損はない展示会でした


今回、記念に買ってしまったもの達

ハリポタ展 マフラーハリポタ 鞄



右が展示会のパンフレットで左下がスリザリンのマフラーです(笑)
これから暑くなる真夏の季節。このマフラーが活躍するようになるのはいったい何か月後か……(´▽`;)
寒くなる季節までは、封印します。
右の写真は、トートバックです。ホグワーツの紋章でしょうかねー

                  ハリポタ展 買ったもの 4
  
                  
あとこれ「雌シカ」。こいつは、ハリポタ展ではなく銀座の東急ハンズで買ったもの。
「シュライヒ」というメーカーが出している動物フィギアなんです。
特に馬のシリーズが好きで集めているんで、今回も馬を買おうと思ってたんですが、気付いたらこれ買ってました。 ……馬が鹿に……決して馬鹿じゃないですよっ

ハリポタ展後の謎のテンションで買ってしまった....。 何故かって?

だって… だって…  教授のパトローナスが雌シカなんですもんっっ///
それを考えたら、いつ買うの?

今でしょっっ!

ということで購入……
時たま思うんですが...変な方向に曲がりきったテンションって怖いですね。
現在この雌シカ、机の上に飾ってあります。一緒に買った牡鹿とセットでな(笑)

                  シカ
 

ちなみにハリポタ展後、午後はお台場合衆国にも行きました。
初めて行ったのでこちらも大変楽しめましたね。

最高の一日でした。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

訪問者さま
プロフィール

藤狐 (ふじぎつね)

Author:藤狐 (ふじぎつね)
―巣穴―
 東日本
―誕生日―
 アンディ・ガルシアと一緒

訪問ありがとうございます。

洋画に偏りがちな気ままな感想文で、内容と好みの場面をピックアップしてツッコミ入れてます。
アニメ・小説の感想、日常もちらほら登場。

気分に乗じて書いているので、シリーズ物は ばらけがちです。
また、ネタバレは大いにありますのでご注意ください。

☆作品一覧はこちら☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ご挨拶
こんにちは 初めての方は初めまして
ポチっとな
どちらでも構いませんので、押していただければ幸いです
ブログラム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。