スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜深夜は レッツパーリー

どーも お久しゅうございまする m(。・ε・。)m
今回は、アニメの感想です。

はい、ようやっとスタートした
『戦国BASARA Judge End 』


BASARAを初めてやったのは、『戦国BASARA 英雄外伝』(中古)です。
友達がやってて面白そうだったので手を出した事から始まり、ここから藤狐にBASARAブームの片鱗が現れ始めたとさ。
そん時は、一番使い勝手が良かったんで政宗使ってて、チートな強さだったNPC・松永久秀に惚れた懐かしや

それから『戦国BASARA3』(中古)をやって
キャラデザにドン引きしたものの、あまりの使いやすさに三成にどハマり。ブームに拍車をかけられました。
あのスピードに慣れるとそれまで使ってた政宗とか遅くて逆に使いにくくなりましてね… 刹那マジ便利。

その後、劇場版 『戦国BASARA -The Last Party-』により三成の斬撃のような追い打ちかけられ(初回特典版BD、各画集買ったよ)
最後には、『戦国BASARA 宴』の発売(ああ、新品で買ったさ)によって松永さんに止めを刺されました(´`)
もう止めて…藤狐のライフ(財布)はゼロよ……

そんな歴史を経てBASARAにハマり、カプコンの手のひらで踊らされ続けてきました。今回の 『戦国BASARA Judge End 』 も例外ではないれふ。(;´▽`A``



今作、新しくアニメ始まるって聞いたんでてっきり『戦国BASARA4』をやるのかと思ってたんですけど、『戦国BASARA3』をやるとのこと。
一瞬、「映画でやったじゃん」と思ったんですが、劇場版とは違うルート、未登場キャラの活躍が見れるなら大歓迎です。これから4もアニメやるでしょうし。楽しみが増えますからね(これもカプコンの策略なんでしょうけど(笑))


ということで、OPの感想から。

安定の西川貴教では無く、『Fear,and Loathing in Las Vegas』です ハイ。
このグループの歌、何回かしか聞いたことないんですが、疾走感があってカッコいい。自称奥州筆頭風に言うと、COOLで良いんじゃないでしょうか(*^▽^*)
映像も、墨ボタボタ垂らしたような表現、和柄な背景とか雰囲気出てて好きです。
最後の方に出た4人の個別イラストも綺麗だったな。ああいう濃い配色のイラストとかも好みですね。三成のカット欲すぃ

あえてシーンにツッコミ入れるなら
OP後半でどこぞに向かって走る三成。その上をホンダムに乗り向かう家康。家康がホンダムに乗ってるのはもう見慣れましたけど、地味に楽してんなーと思ったのは私だけでしょうか?
あと 鶴姫の後の三成のシーンなんですが、影が強すぎて黒髪に見えたのはアチシだけではないはずだ。
密かに黒髪▼の三成もいいなって思ったシーンだった。

EDは、石川智晶さん
OPとは打って変わって落ち着いた感じの曲でいいですね。石川さんはゲームでも曲を担当しているのでまた聞けてうれしいです。『BASARA3』の「逆光」は泣けた。
切ない感じの曲調で歌声も綺麗なんで、どの曲も好きです。
IPodにも結構入ってますぜ。(*`▽´*)b



次は、本編混ぜつつ個々のキャラの感想を行きます。

劇場版とかと比べると、デザインが全体的に線画が細くなった感じしますね(あと腰も(笑))。目つきとか表情が鋭くなったというか…ソリッドになったといいましょうか。
今までとはまた違った殺伐とした感じが出てていいですね
嫌いじゃないです。

個別でネタバレ兼感想。

―伊達政宗―
今作では、ゴリ…秀吉を討ってはないルートですね。豊臣軍の小田原城進軍を阻止する為に向かった先で、豊臣の下っ端扱いした三成に惨敗。劇場版では逃げ帰ってましたが、小十郎共々完膚無きまで に刻まれてます(;´Д`)
彼は今後、何が見物かっていうと…最終回までに三成に名前覚えてもらえるかってところですね。
劇場版では秀吉様殺しの名目上なんとか名前呼んでもらってましたが、秀吉倒してない今、三成の記憶には残ってないことでしょう。
政宗が名乗ろうとしたのに、「貴様の名など どうでもいい」って遮られた時は流石に笑った。

―真田幸村―
キャラデザが鋭くなった煽りを一番受けてるのはコイツではないかと思った。特に目と眉毛が尖りまくってるせいでなんか、印象が違う。個人的にはもうちょっと丸みがある表情でも良かった気がします。あと、前髪とかも伸びたよね。
一番初めに登場したが、キャラデザ以外は武田軍共々通常運転だった。これから関ヶ原の合戦に向けてどう進み、西軍の奴らと絡んでいくのか楽しみです。

―徳川家康―
初めキャラデザの表情集で、笑顔なのに目が笑ってなくて なんか人形みたいな表情で正直ちょっと不気味な感じを受けました。流石にアニメで動いてるの見るとそんなこと全然無かったので安心した。公式アニメで黒権現が出るかと思った…。
今作では彼が秀吉倒してるんで、劇場版とは違って三成の憎悪は家康が全部受けてますね。
今後、どのルートで進んで行くのかが楽しみ。できれば…鬱展開は…控えてもらいたい。
あんな救いのない、クリアしたのにやりきれないのはゲームだけで十分だ……
(((( ;TДT)))


―石田三成―
新キャラデザのおかげでより一層鋭さが増した。
あと、顔の両サイドの髪(もみあげ?)とうなじの毛も伸びた感じに仕上がってた。正直 三成に関しては、デザインは今作の方が好みです。
中盤での政宗との戦いシーンも見物。防御に徹した政宗のがら空きになった腹に何気に一発蹴り入れた時は無言でリプレイした。体術もできんのね…
これからも劇場版並みに技のモーションかっこよく描かれるといいなぁ(*´ェ`*)
…逆に、進むにつれて不安要素もいくつか。
一話目で早くも秀吉が討たれるので、これから精神がゲーム並みに壊れていかないかが心配です。(同時に中の人、関さんの喉も心配。)
一度信じると盲信する性質なんで、その信じてた家康に裏切られた時の憎悪の膨らみ方は、切なくなると同時に正直引いた。
アニメでも、家康が裏切ったと報告した兵に対して「そんなことを家康がするはずない」と言い、切ったシーンは本当の事であって辛いですね。若干引いたけど(笑)。流石はブラッディーエンジェル

―長宗我部元親毛利元就―
言わずと知れた瀬戸内コンビ。
二人ともOPに出てきましたがデザインは今のところ問題無しですね。ただ、毛利の澄ました目元の綺麗さは異常だと思う…。
劇場版では登場してはいましたが、信長戦には参加せず端でお互い戦ってたので無理やり出させた感が否めなかったな。なので今作では、毛利は刑部と絡んで暗躍しまくるんでしょうが、今後が気になるのは元親の方です。
毛利の策によって西軍につくんでしょうか?つくなら、病んでく三成のストッパーになってくれ…。左近がいればまだ豊臣軍明るいんですけどいかんせん今回はいませんからね…。

―酒井忠次―
今作のオリジナルキャラクターで声は西川貴教。
道理で、OPにもEDにもいねぇ訳だよ(゚◇゚;) まさか本編にいるとは…
キャラデザは嫌いじゃないですが、衣装の端々に見える青い海の上で風受けて踊れそうなHOTLIMITを感じる YO!SAY! な衣装はもう笑うしかなかった。

♪これからの夏を刺激するような(衣装デザインが)魅惑の酒井忠次。
出すとこだしてたわわになったら、徳川の補佐もでき爽快?
ナマ足、ヘソ出し酒井忠次 家康的にもオールオッケィ!♪

っていうことでしょうか…… 自分で考えておいて文章にドン引きしたことは過言ではない。
実際に歴史上でも存在し、家康第一の功臣として称えられているみたいですがBASARAにおいてとんだ伏兵でした。
彼は一度は近場の海の上で踊ればいい(笑)





はい主なキャラはだいたいこんな感じ。
1話は、豊臣・竹中が倒れ三成の慟哭(関さんお疲れ様です。これからも喉をお大事に頑張ってください)で終わったいわばプロローグなので、次からが『BASARA3』本格始動ですかね。
今後は孫市や鶴姫など、まだワンシーンしか出てきてないキャラ達が楽しみでしょうがないです。


中でも特に、黒田官兵衛には活躍してほしい。
黒官の思い出としては、公式HPで初めて顔のみのキャラデザみて「おっ、なんか好み///」って思ったのもつかの間、デカい鉄球引っさげた全身ver.見て危うく前言撤回しかけたんですよね(笑)
見慣れた今では、小山力也の声も相まって好きなキャラではあります。

因みに、ゲームでは動き遅いから操作は苦手。
しかも前に一度、気まぐれで使う気になってカスタムまでしていざ進軍しようとした瞬間、バイト先から「突然ごめんね~。今日の人が来れなくなったんだけど、これからバイト来れる?」と思いがけないTELが――
ああ…もうあの時は「っ!?……大丈夫ですよ。これから向かいますー」と言い、切った後に割とガチで

(」TT)」{「何故じゃーーー!!?」

って叫びました…フフ(泣)その分、稼げたから別にいいけどさっ

設定上といい、劇場版に出るっていってキャラデザ公開された上でカットされた事といい、彼が凄まじいほどの不運体質なのは知ってましたよ。でもまさかその体質がプレーヤーにも降りかかるとは思いますまい…
おかげで、使う時はどこか戦々恐々としながらプレイしております。。。豊富な思い出です。

黒官はルートによっては鬱展開もあったので、不運跳ね除けて頑張って欲しいところですね。


今後主に期待することはこんなところです。 
ともかく何回も言うようですが鬱展開が軽減される方向を願います。
これ重要 見てて凹むのはホント勘弁です。劇場版ほどまでとは言いませんが、救いのある展開であるといいな。
あと、あまり期待してないんですが、この鋭いキャラデザな感じの松永さん出てきたら爆死できる……


因みに感想は毎週書くのは大変なんで
また何話か溜まりストーリーに動きが出てきた上で書く気になったらまた更新するかもしれません。

それではまた。 (o・・o)


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

訪問者さま
プロフィール

藤狐 (ふじぎつね)

Author:藤狐 (ふじぎつね)
―巣穴―
 東日本
―誕生日―
 アンディ・ガルシアと一緒

訪問ありがとうございます。

洋画に偏りがちな気ままな感想文で、内容と好みの場面をピックアップしてツッコミ入れてます。
アニメ・小説の感想、日常もちらほら登場。

気分に乗じて書いているので、シリーズ物は ばらけがちです。
また、ネタバレは大いにありますのでご注意ください。

☆作品一覧はこちら☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ご挨拶
こんにちは 初めての方は初めまして
ポチっとな
どちらでも構いませんので、押していただければ幸いです
ブログラム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。