スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブルス・スネイプと賢者の何とか…。

USJで『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』のエリアがついにオープン! 

すっごい行きたいんですけど、藤狐の巣穴は東日本↴
「そうだ、大阪いこう」ってノリで行けないんで、テレビの前で歯がゆい思いをしている今日この頃です。

特集で見ましたけど、ホグワーツ城もだいぶリアルで、動く絵とか忠実に再現されてましたね。
詳しい内部はまだ知らないんですけど、動く階段とかはないのかな。
通路は危ないから、客がいけない場所とかが地味に動くギミックがあったらうれしいなぁ。

ということで、この機に乗じてハリポタ熱を煽りにきたのか地上波で『ハリーポッターと賢者の石』やりましたね
久方ぶりに地上波で教授を拝めるということで鑑賞。

では(主に教授メインの)感想行きます。
今回は、私を教授のファンに陥れた発端話なんで、今まで以上に長いです。
書きたいこと詰めたらこうなりました。ご容赦ください。

※ストーリー※
 両親の死後、親戚の家に預けられたハリー・ポッター少年。そこでは階段下の物置部屋をあてがわれ、何かとこき使われる毎日。そんなある日、ハリーの11歳の誕生日に一通の手紙が届いた。中身はなんと、魔法魔術学校の入学許可証だった。実は、ハリーの両親は優秀な魔法使いだったのだ。手紙に導かれるままホグワーツ魔法魔術学校にたどり着いたハリーは、さっそく魔法使いになるための勉強を始める。ロンとハーマイオニーという友達もでき、楽しい毎日を送るハリーだったが、やがて学校に隠された驚くべき秘密に気づくのだった……。
(Yahoo!映画引用)



全ての始まりの一巻ともなると何もかも懐かしい

題名なんてまだまだ金色に輝いちゃって初々しさ満載。
これから、巻が進むにつれてくすんでボロボロになっていくんですよね。 いやはや芸が細かいですな
…と思ったら、本編冒頭で出てくる初代校長もといリチャード・ハリスさんチィーース!って感じで、ついしみじみ...。(´・ω・`)

また、初めにハグリットが乗ってたバイクはシリウスの物とかハリーがヘビと話せる等など、この時からすでに張られてた伏線がちらほら見受けられ、今でも改めて気づく事があります。

そんな中で後から気づく事。
この時は 小さくて可愛かったハリーの目が『』ということ
ネットにあったんですが、この時はまだハリーの瞳の色が最重要の伏線であることは知る由もなかったそうです。
この後(確か次巻から)は、の瞳になるんで、青いのはこの巻だけですかね。



こっからは、ゆるくストーリーの順を追っていきます。

いとこのダーズリー家に預けられたハリーは、11歳の誕生日にホグワーツの入学通知がフクロウから届くことを皮切りに話が進むんですが、この時のフクロウ便の届け方が結構強引
(-"-;A ...

受け取ってもらえないからなのか、暖炉から大量に手紙が吹き出し 庭に大量に常駐する鳥類もといフクロウ達…
なんか鳥が狂暴化して人間に襲い掛かる映画を思い出した。
古っい映画で題名すらまとも覚えてないんですが、凄まじく小さい時に婆ちゃんの横で見てて、鳥たちが襲ってくるシーンが記憶にある。それが過ったよ・・・。
この映画知ってる・あるいは見たことある人いますか?



そんなこんなで、ハリーは入学道具そろえてホグワーツへ。
列車のあたりで、まだまだ幼かった<ザ・子役>なロンとかハーマイオニーとか出てくるんですが…

藤狐はさんざん語ってきた通り教授にぞっこんなんで
正直ホグワーツに到着するまでは興味ガチ薄傾向です


ということで、少し飛ばして
INホグワーツ大広間

ここで組み分けが行わるんですが、小さな疑問が――。
あの帽子、その子の性質によって組み分けしてるんスよね。 
あれ、人数のバランスどう取ってるんでしょうか。

今年はグリフィンドールが少なかったとか、昨年はハッフルパフが多かったとか ないのかな。
バランス取るために「この子レイブンクロー寄りだけど、この寮もう多いからスリザリンでもいいか」ってな具合だったら着火もんですね(笑)


って どーでもいいこと考えてる矢先、こちらを見つめる あの人が...。
(叫ぶんで流して下され( ̄ ̄))

ギャーーーー  教授ぅぅぅぅ 
若けぇぇぇよぉぉぉぉぉ   `;:゙`;:゙;`(´Д`*)

あー…もう…
そっそんな目で見つめないでーーー///
(注:実際はハリーを見てます)


…(´Д`)ハァハァ 
取り乱しましてすいま....せ....ゼェゼェ...。

いやぁ、10年前も色気満載でございますな…。
いつみても素敵やんあの視線はアバダケタブラ級....。
少なくとも、私は死ねる ( ・`ー・´)Ъ キリッ

あぁ、あと なんかこのあたりのシーンなのかな?
ネットで『スネイプ先生のシワとってみた』って感じの画像を見かけたんですが、アレやべぇですね…。
パソコン前で眼鏡パーンってなった.;`Σ(゜゜*)
国外退去クラスのイケメンやないかぃ



さて、お次も止まることを許さない教授見どころポイント②
薬学授業シーン。

よく見ると まだこの時は、髪が肩に届いてない上になんか外に跳ねてるんですよww
ストレートと見せかけて、若干のネコッ毛な感じがまたね
…グッと来るわぁ d( ºº` )

ちなみに このシーン映画だと普通に教壇で話してますけど、変更点がありまして。
そのシーンは未公開映像として見たことあるんですが、それがこんな感じ↴

問題に答えられないハリーの前の席に着いて(周りに生徒いるんですが)ワンツーマンばりに答えを伝授する教授....。

なん・だとっ… 
閉心術の個人レッスンよりも遥か昔にハリーは個人授業を受けていただとっ!?(違います)
う…羨ましい限りですなぁぁ(-公- ╬) 

ともかく、なんであそこ変更しちゃったんですかね。
恐らく、教授はあの時ハリーのを見てたんでしょう。 
アレ 重要だと思うんですが……解せぬ、そして切ねぇ


このシーンはこれくらいにしておいて次
だいぶ話は進んで、『トイレトロール戦』

クィレルがおびき寄せたことによって城の地下室にトロールが現れる。
避難時にいないハーマイオニーを探しにトイレへ行ってトロールと、襲われてるハーマイオニーと鉢合わせになったハリーとロン。

トロール戦は見どころの一つでありますけど、私にとってはその後のスネイプ先生の足の方が目を引く
『あーーーもう、痛々しいなぁぁ。』
って思う反面、普通あのサイズの犬に噛まれたら足無くなるんじゃね?っていっつも思うんですが、どう噛まれたんでしょう...。
あの程度の傷で済んだスネイプ先生…どうやったんだ スゲェ


はい 次クディッチ戦
見どころは、空を縦横無尽に飛び回る箒…
ではなく防寒対策きっちりの教授っす
もうマフラーとか手袋装備の教授 乙なもんです ウェッヘッヘッ

しかも あんな真剣な目で見られたら///(注:暴走したハリーの箒を見てるだけ)
ハーマイオニーの放火にも気づかないほど集中して暴走箒に対抗呪文かけてる様子は見てるこっちが焼け焦げるかと思た

…ってか ハーマイオニー
優等生ぶってるくせに 先生に放火して平然としてられるなんて、地味に一番凶悪だと思う…
なんか、開き直ったら『ムシャクシャしてやった 後悔はしてない』って、平気で言いそうですよね。

おかげで、上質そうな黒いコートが犠牲になった....
ここで、私が言いたいのは

先生っ! 新調したらそのコート…私にください!! m(゜皿゜)m


って、イヤイヤ 半分冗談ですよ…
あれくらいの焦げは 魔法で消せるんでしょう どーせ。
それ位、藤狐だって分かりますよ  フㇷ....


じゃ、コートは諦めて次ー
クリスマスプレゼントに誰かさんから貰った透明マントを活用して、賢者の石と関係の深い「ニコラス・フラメル」について調べる為、ハリーは消灯後に図書館・閲覧禁止の棚に侵入。

今回、ハリーは何とか見つかってませんけど
透明マントって姿消えるだけで、気配とか匂いまでは消えないのではないかと思うんですよね
つまり、人間よりも何倍も敏感なミセスノリスは誤魔化すの結構難しそう。

あとここで言いたいことはもう一つ。
スネイプに詰め寄られてるクィレルのシーンで毎度思うこと
『クイレル! そこ代われ。』

あの声で詰問されたら堕ちる


そんなこんなで、地下に隠された「賢者の石」を魔の手から守るため、ハリーたちはフラッフィーが守る扉から先へ突き進む。早くもラストスパートです。
この場所では、各部屋に先生達が用意した関門があります。

第一関門は、巻きつく植物の蔓に覆われた部屋。薬草学のスプラウト先生が用意したもの。
第二は羽を持ったたくさんのカギたちが飛び交う部屋。これは、箒の授業の担当のフーチ先生かな。ご丁寧に箒まで用意されてる親切設計。
第三関門はチェス戦。これはマクゴナガル先生のもの。

そしてこの後、原作ではスネイプ先生の関門があります…。
かく言う私も、次は「教授の問題~///」って構えてたのに

映画では全カット ――

な~~ぜ~~(´Д`;)
映画だとチェスの後すぐさまクィレル戦なってますね。

本来 スネイプ先生が用意したものは、薬学と見せかけての論理の問題なんで、ここでハーマイオニーが実力発揮してハリーが先に進むんですが、カットされたんで正直彼女は大した仕事してません。
そのくせ、最後にちゃっかり彼女にも50点あげてるダンブルドアは何を見てたんでしょうかね。
(;´^,_ゝ^`)

逆に、原作でのハーマイオニーのセリフもツッコミ要素が
「これは魔法じゃなくて論理の問題よ。大魔法使いって言われるような人は理論の欠片もないような人がたくさんいるのよ」

・・・・・これ結構失礼じゃね? 
そりゃ ヴォルデモートは分かりますが、大魔法使いって括りにはダンブルドアとかetc.いますよね
スネイプ先生が用意した以上の毒吐きよったで 恐ろしい子…。


そんなこと言いながらハーマイオニーは問題を解いてましたが、実は藤狐もこの問題ガチで考えたんですよ。

図まで書いてみながらチャレンジしてみたんですが、いかんせん文章だけなもんで正しい図がないと解くのは無理…
映画で解きたかったんでカットしないで欲しかった。


そんなこんなで最終ステージ
「クィレル&セコンド・闇の帝王」戦
この辺はもう、教授の関門がカットされたショックでもはや力尽きてます。

言えることは一つ
「ターバンの中って蒸れない?」


さて、そんな感想を抱いた『賢者の石』
記念すべき第一回目 観たのは当時小6・劇場でのことです。
スネイプ先生に関してましては、文章からでも読み取れる存在感で原作時から気になっていた人物。

映画で姿を初めて見て
その圧倒的な存在感に目が離せなくなり(⊙△⊙)
次に声を聴いて釘付けになりました。。。(〃゚д゚〃)
まぁ 声に関しては、吹替なので厳密には土師孝也の声です。
そのあと、俳優のアラン・リックマンの声が「ミルクチョコレート・ヴォイス」だの「ベルベット・ヴォイス」だの称されてたんで聞いてみたら、見事に堕ちた。




そんな当時、友達の間でもハリポタ旋風が巻き起こってまして 学校でもその話題で持ちきりでした。

友達達(仮にABC)は、パンフ見ながら話しておりまして

A 『私、ハリーが好きー』
B 『私は、ロンかな』
C 『何気にドラコが可愛い~』
藤狐(魔法薬学の先生だな……///)

って当然このような話題が繰り広げられますよね。

C「っねぇ、藤狐ちゃんは誰がスキ?」

藤狐「私は、あの薬学の先生のスネイプ先生かな。演じてたアラン・リックマンって俳優が良かった」
って言ったらですよ…

友達ABCえ゛っ………」

その後、
えー!アレのどこがー」やら「ないわー」とか「リックマンって変な名前ーww」と散々言われました…
( ̄△ ̄╬)


何故そこまで言われなきゃアカンのでしょう...(゜゜) 特に最後の何?
私が一体何をした? いつ、その丸眼鏡赤毛とか金髪オールバックディスったよ!
なにゆえ スネイプ先生だけそんなにディスられるんじゃい ―(T_T)→  
小学生で友達 ましてや好きなキャラ談義なんで、そこまで本気になりませんけど 

そん時から
『例え敵でも構わねぇぇぇ。なんと言われようとも、私はアラン・リックマンもといセブルス・スネイプが好きだーー』となりましたよ。
当時、すでに好きなキャラは悪役も結構多かったしね。



てな具合で、いまだに教授に惚の字ですわ。
まだ感想書いてない巻があるんで、これからも各所の教授のシーンで まだまだ吐き散らしますよ~

…では
今まで以上の長文で、最後は若干グチっぽくなった駄文にお付き合い頂きありがとうございました。
暇つぶしになれば幸いです m(._.)m
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。

藤狐さん、はじめまして。
「ちょい若おやじの映画と読書の記録」を細々と運営しているちょい若おやじです。
足跡つけていただいていたので、御存知かもしれませんね。

さて、あまりにも懐かしくなり、コメント残させていただきました。
あ、でもごめんなさい・・・。
男子なので、スネイプ先生萌えにはなっておりませんでした。(なってたらちょっと怖いですね。)
アラン・リックマンが出演している『ギャラクシー・クエスト』は観ています。
普通にイケメンさんだと思います(男に言われてもうれしくないでしょうけど)。

日本での劇場公開時、ちょうどハリーたちと同い年だった私は、恥ずかしいですが、かなり本気でホグワーツからお迎えが来ると思っていました。
これマジです・・・。笑

藤狐さんの記事を読んで、この私の死にたくなるほどのファンタジーな脳みそを思い出したので、コメントさせていただきました。
超世代だったので、小説も読みましたが、本当に伏線も多いし、すごい作品ですよね。
個人的には、クリスコロンバス監督の1,2作がファンタジー作品という意味で好みです。
後半のオトナになる彼らを描く、ちょっとダークテイストも好きなんですけどねえ。

藤狐さんほど、ハリーポッター愛がないと思うのですが、USJ圏外に住んでいることで歯がゆい思いをしています。
近くにあれば絶対行くんですけど・・・。

長々と失礼いたしました。

Re: コメントありがとうございます。

ちょい若おやじさん 初めまして。

当ブログにお越しくださってありがとうございます。
あの長文記事にコメントが頂けるなんて嬉しい限りです。


ハリー達と同年代ということだそうですが、かく言う私も同年代なので お気持ち分かります。
私も授業そっちのけで、フクロウ来ないかなぁと思ってました(笑)
懐かしい思い出です。

小説もブームに便乗して読みましたが、進むにつれ「本当に児童書?」と疑うほどのダークな展開が増え、ラストに行きつくまでの伏線とその回収は凄いとしか言いようがないですね。

私もファンタジー要素の強い初期の作品の方が好みです。
特に「秘密の部屋」が謎解き要素も加わって好きですね。

アラン・リックマンの出演作品は、「ダイハード」とか「ラブアクチュアリー」とかは観たのですが、
挙げられている「ギャラクシークエスト」は、なかなか機会がなく未だ観れずじまいです。
あの特殊メイクのアラン・リックマン すごい興味があるのですけどね…。

USJにも、「いつか行く!」と思いながら日々過ごしております。


長文失礼致しました。

No title

藤弧さん、こんばんは^^
長文記事の体力には感服いたします!
本当に好きなんですね!

『ハリーポッター』はおそらく映画史に残る作品として数十年は語られるような作品になるでしょうね。
ただし、それをどの世代で観たのか、あるいはどの世代の時に公開されていたのかで、また意見や記憶が分かれそうで興味深いです。
我々の感覚は、もしかしたら、あの公開当時に同じ年だったことも大きく影響しているのでは???
だって連日TVなどですごかったですからね。

>私も授業そっちのけで、フクロウ来ないかなぁと思ってました(笑)

ヘドウィグ!
妄想では、私の場合、蛇、でしたね!
思い出しました!
「蛇語 パーセルタング」やってましたよ!笑

「秘密の部屋」
共感します。
夢中で原作を読みましたね。
あ、また思い出しました!
「エマ・ワトソンと結婚する!」と級友たちを引かせていました。笑
オープニングで確か一撃で「恋に落ちて」しまい、劇場に2回観に行った映画だったと記憶しています。

藤狐さんとの今回のやり取りを通して、
私の中で、
 『ハリーポッター』初期作品群は小、中学生時代の淡い記憶を呼び 覚ます外部記憶装置のような役割を担っているのではないか?
という気がするようになっています。

ギャラクシークエストの記憶は薄いのですが、特殊メイクした「スネイプ先生」の記憶だけ覚えています。
インパクト大な存在ですね!

お互い、いつかUSJに行ける日が来ればいいですね^^

同世代の方とブログをはじめてお話したのは初めてで、新鮮です。
また、遊びに来させてください^^

Re: No title

ちょい若おやじさん こんばんは。

> 我々の感覚は、もしかしたら、あの公開当時に同じ年だったことも大きく影響しているのでは???

凄い納得してしまいました。
あのブームは、もはや刷り込みと言っても過言ではない勢いでしたから(笑)

ハリポタは「外部記憶装置のようなもの」というのも納得です。
初期の作品を見ると、小さいハリー達に懐かしさを覚えると同時に そんな彼らの話に夢中になっていた自分も思いだしてしまいますからね(*´v`*)


私も同じ世代の方と しかも、ハリポタの話題でお話できたのは嬉しい限りです。

更新頻度の高くない こんなブログですが、ぜひまたお越しください。
訪問者さま
プロフィール

藤狐 (ふじぎつね)

Author:藤狐 (ふじぎつね)
―巣穴―
 東日本
―誕生日―
 アンディ・ガルシアと一緒

訪問ありがとうございます。

洋画に偏りがちな気ままな感想文で、内容と好みの場面をピックアップしてツッコミ入れてます。
アニメ・小説の感想、日常もちらほら登場。

気分に乗じて書いているので、シリーズ物は ばらけがちです。
また、ネタバレは大いにありますのでご注意ください。

☆作品一覧はこちら☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ご挨拶
こんにちは 初めての方は初めまして
ポチっとな
どちらでも構いませんので、押していただければ幸いです
ブログラム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。