スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何様 俺様 雷様 ~ダークワールド~

まだまだ暑いですね。
せっかくの夏にぴったりな映画といったら
やっぱりホラー系  特にジャパニーズホラーだ!

って考えたんですが、正直ホラー系って無理…(泣)
『リング』とか『着信アリ』とかのジャパニーズホラーは100%夢に出る。
(昔見た「ほの暗い水の底から」はヤバかった…)

ということで
ホラー系でない、好きなジャンルの夏っぽい映画ってなんだろう。
っていったらゲリラ豪雨? 雷とかも多いな…雷か…
ソーいえばレンタル開始してたな~

ってことで、こじつけ感MAXですがこちらです!
『マイティーソー ダークワールド』


これは、映画館にも見に行きました。
しかもですね、忘れられない奇跡が起きた作品でもあります。

思いのほかメチャクチャ空いてた映画館
席選び放題、真ん中辺りを確保できたカウンター
一番乗りで劇場入りしたが、映画開始15~30分後も入場者の気配がない劇場内 (^P^≡^P^)

なんと 生まれて初めて劇場貸切を体験いたしました!
平日の朝一で公開終了間近という訳でしょうか
戸惑いつつテンションダダ上がりで鑑賞しました。
(思ったより少し離れてた為、ど真ん中に移動した事は過言ではない)

はい、では書いていきますね。ネタバレ全開でいきます。

※ストーリー※
アベンジャーズの一員として、ソーがニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーンが行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキに助けを求める。 (Yahoo映画引用)


『アベンジャーズ』後の時間軸という事で
捕縛されたロキが玉座に連行されてるシーンからスタート

地球でひと暴れした息子にムカ着火ファイアーな父であり最高神オーディン。
反省の色を全く感じないロキに「お前は、あの時死ぬ運命だった!私が拾わなければな!」と言い放つ…

うわぁぁ それ拾ったサイドは一番言っちゃアカンやつ!(;゚ ロ゚ )
これは、傷つく... 確実にグレる原因だよ。

息子にこんなこと言い放つ北欧神話最高神オーディンといい、問題行動の多い(異常値)ギリシャ神話最高神ゼウスといい、どこの神業界も父親はこんなんでしょうか? そりゃ、子供は苦労するわなε-(´・`)


そのころ
9つの星を守る為、戦うソーの姿が。 相変わらずかっこいいッス
1作目では題名通りの世間知らず 何様俺様だったんですが、ジェーンのおかげか傲慢な性格は完治してます。
脳筋と天然な感じは治ってねぇけど(笑)

まぁ、そこが良い感じに効いて、ロキとは別方向の愛嬌が出てるよね
なんていうか大型犬? ゴールデンレトリーバーな印象持ちました。
こんな兄貴なら…私も欲しいわ……


一方地球―――
空気的に浮気って訳ではないんですが、リチャードとかいう男とデート中のジェーン。

まぁ、彼氏といっていい相手はなんといっても神な上、2年もご無沙汰だからなぁ。食事位は仕方ないねf(´-`;)
にしても、リチャードさん…ソーと比べたら駄目なんだけど地味だ。

そんな地味男とデート中、友人のダーシーからある場所で重力異常が発生してると呼び出され、調査中にジェーンはその場所で異次元に入り込み、謎の液体(エーテル)を見つけ、不本意にも体に宿してしまう。
その後 元の場所に戻った彼女は、異変に気付き地球へ来たソーと再会する。

2年ぶりにジェーンに再会したソーに待っていたこと。
それは、2年も放置された事による激おこなジェーンの強烈ビンタ 
(#゜皿゜ c彡))゚Д゚)

いや~
音信不通で、『アベンジャーズ』後に、会いに来なかった事に怒る気持ちは分かりますよ
でも、ひっぱたく事はないんじゃないかなぁ…
彼氏 曲がりなりにも神様なんだから 仕方ねぇだろうよ。。
現在、立川で休暇中のどこぞの開祖の博愛主義ぶりに比べれば、ちゃんと心配してくれてるんだからその辺分かろうぜ


という感想を持ったこの後、エーテルを宿した彼女をソーは一旦アスガルドに連れて帰ることに
そこで、エーテルの詳しい事が明らかになる。

エーテルとは、MPを回復するもの…ではなく、遥か昔から存在する赤い液状エネルギーであり、いかなる物質をも暗黒物質に変える事ができ、惑星を滅ぼすほどの力を持っている。
オーディンの父である先代王ボーによって5000年もの間封印されていた代物で、今作で重要な物質です。

その物質を狙う者が、ダークエルフの王マレキス率いる闇の軍団達
彼らは、遥か昔 光を憎みこの世から光を消し去ろうとしていたがボーによって滅ぼされたはずであった。
しかし、彼らは永い眠りに就いていたに過ぎず、その眠りから目覚めたのである。

はい、今回の敵はそんなダークエルフの方たち。
ロードオブザリングでのエルフのイメージが強いんで、ダークエルフならば妖艶な感じの美形 揃いでは?…とか想像したが甘くなかった 
┐(´-`)┌
比較的人間的なマレキスは、ロードオブザリングのエルフ達との共通点といえば、将来が心配になるほどのデコッパチな所くらい(笑)
モブの方は、ゼル伝トワプリ・影の世界の支配者ザントに似てる感じだった(このネタ分かる人 何人いるかなぁ…)


そんなマレキス達がエーテルを狙ってアスガルドにせめてくる。
なんとか撃退に成功したものの、ソーの母親フリッガはジェーンを守るため、戦ったが適わず命を落とす――

優しく、ロキの事も心配している良い母だったフリッガの葬儀シーンは切ないながらも綺麗なシーンでした ゜゜(´□`。)
数少ない味方であった母の死を、牢でその知らせを聞いただけで何もできず参列すらできなかったロキ....。切ねぇ
その後
ジェーンを連れてアスガルドから脱出を図る為、抜け道を知っているロキに協力を仰ぎにソーが訪れるが
牢の中は、母を殺されたロキの怒りをぶつけられたであろう家具や本が散乱しまくってます。

ここ、辛い空気なのは見てて分かるんですが
部屋の壁に寄りかかってるやつれたロキの姿がもうピース又吉にしか見えなかったww
周りに散らかってる本は、むさぼり読んだ新潮文庫かな(笑)


そんなこんなで、ロキを連れてアスガルドを脱出作戦を決行するんですが、ずんずん道を行くソーの周りを打って変わってぴょんぴょんしてるロキの楽しそうなこと

「姿変えようか?」って兵士やら、キャプテンアメリカに化けるロキ…
この一瞬のキャプテンアメリカという訳でクリス・エヴァンズがカメオ出演。
キャップの無駄遣いもいいとこ  お蔭で午後ティー吹きかけました
( ´﹃` )

ここのロキを連れだしての脱出の下りが一番面白いです。

ソー&ロキが仲間と合流した場面での面白シーンその①
ジェーンがロキを見たとたん、「ニューヨークの分よ!」て言ってお得意のビンタ一発 ( ゜益゜⊂彡☆))゚△゚ )
一発で済むならアベンジャーズはイラねぇよっていうのと、同じ女性からビンタ食らう兄弟ってのも珍しいと思った。


アスガルド脱出方法とは、敵が置いてった船を利用するんですが
ここが面白シーンその②
ソーが四苦八苦で操作する脇で横やりを入れてくるロキの会話がヤバいことww

大雑把な脳筋兄貴が雑に動かしてるの見て、「やり方が違うんじゃないの?」「もっと、そっと押さないと」とついつい口出す神経質な弟
そしてその弟に、「黙って見てろ!」と怒る兄貴――という兄弟あるあるな会話に仕上ってた。
そこだけ切り抜けば完全に『お前ら 仲良いだろっ』って言いたくなる二人でしたね



そんな兄弟の言い合いの聞こえる敵機での脱出かと思いきや、ペラペラ口出すロキを外に突き落とし、ジェーンとともに飛び降た。その落下した3人を回収したのが、ソーの仲間の一人であるファンドラル――

敵機はおとりで、ファンドラルさんが用意した小舟で脱出することが本当の作戦だったようですが、
ここで、重要な役を担当したファンドラルさんって地味に男前だと思う
(1と2で演じてる俳優違うんですけど…)
剣(レイピア)の達人とか、他の仲間はロキに「裏切ったら殺す」発言してんのに、彼だけ何も言わない所とか好きだな


そのファンドラルは、他の追手を撒く為に場を離れ、舵取りは抜け穴を知っているロキへ― 面白シーンその③
絶壁に突撃し始め「正気かっ!?」と焦るソー。
対して ドヤ顔で「簡単な抜け道なら皆知ってる」といってその壁に空いた空間に入り、ぶつかりながらも別の星へと繋がる道を抜け「じゃじゃーーん」というセリフと共に船を着地させるロキ――


ちょっ なにこのギャグ要素満載な展開は (_≧Д≦)ノ彡
ビンタ食らって「気に入った」って言ったり、兄貴を小馬鹿にした様な口出したり、あげく着地時の「じゃじゃーーん」って何?
(吹き替え版のみらしいけどね)

可愛さがえげつないレベルなんですけど
イタズラ好きな神だけど、よもやこんなキャラ設定とは・・・
もうこれだけで満足だわ



到着した星でマレキス達と対峙するんですが
このシーンはソーの戦いはもとより、短剣しか持たせてもらえなかったロキの戦いが見ものなんですよ。
「そんな装備で大丈夫か?」って感じなんですけど、短剣での戦い方も心得てたんですね。
ナイフ戦が似合いすぎのロキにときめいた

アイアンマンみたいにミサイル多様した遠距離戦も見ものですが、接近戦のシーンも好きです
特にナイフみたいな近接武器での戦いでの 激しくも流れるような殺陣は、釘付けになります。
スロー再生必至(*゜艸゜*) 


ここでの戦いはエーテルを理由にダークエルフに接近し、エーテル破壊と同時に敵を一掃するはずが、すんでのさでエーテルがマレキスの手に渡ってしまう。
しかも、腹心アルグリムによって窮地に陥ったソーを助ける為にロキは一矢報いるも、逆に刺されて殺されてしまう。
死んだロキを看取ったソーはジェーンと共にとある洞窟へ行きつくが、そこで当初重力異常が発生した建物で消えていった物たちが落ちているのを発見する――

その時 ジェーンの携帯にあの地味男リチャードから電話がかかってきたことで、この場所と初めの場所が繋がっていることが発覚するんですが、その電話凄いですね…
国際電話ってレベルじゃねぇな 通信料が心配になったよ

しかも、その電話相手が男と知った時のソーの怪訝な顔ときたら(笑)
(´-д-)。o(貴方が妬くほどの男じゃないから安心して下さいな)

「リチャードって誰だ?」って気にしてる嫉妬丸出しの貴重なシーン頂きました///

――その頃 モブ兵がオーディンにソー達の行動、そしてロキの遺体を確認したとの報告していた
その兵士の目があの弟並みの目つきをしてる時点で、フラグびんびんですた (((゚Д゚ )


ソーとジェーンは、地球をも滅ぼそうとしているマレキス達を阻止する為
セルヴィク博士に協力を仰ぐんですが…
もう、その博士が今作エライ事になってます

ストーンヘッジで謎の機械もって全裸で駆けってるわ、ズボンはいてない方が落ち着くとか色々とヤバい…
「頭の中に神がいた…ロクなもんじゃない」と語ることから、『アベンジャーズ』時にロキに操られてたことが要因であるらしいです。

それ聞いてガチで心配になったよ...ホークアイ
(」゚□゚)」 {ナターシャさん しっかり見張っておいた方が良いですよっ

あと 放映されてしまったセルヴィク博士の痴態ニュースは、アベンジャーズの他の面子は見たのかなぁ
見てたなら、凍りついただろうな。。。(゚ー゚)


とうとう地球に進軍してきたマレキスとソーの戦い―

一番見ものであるんですが・・・
次元が入り乱れてる所為で色々な星に飛ばされて、あっちこっち移動しまくる (途中電車移動有り) の肉弾戦なんで若干分かりにくい戦闘ではあったかなぁ。
面白かったけど、とにかく派手で破壊しまくった戦いでありました


壮絶な戦いを繰り広げ、何とかマレキスに勝利したソー
オーディンの玉座で、「王にはなれない、自由が欲しい」と伝える。
そんな息子に父オーディンは「神としては祝福してやれんぞ。わが子の決断を誇りに思うが口には絶対出せん」とツンデレ発言
それを聞いてソーは礼を言い、その場を後にして地球 ジェーンの元へ向かう。

玉座に座ってその姿を見送り 「礼を言うのは私の方だ…」
と微笑んでいるロキ

なんとなく分かってはいたけど、生きてましたね彼
流石は騙す能力は天下一品 まんまと玉座を手にしてました。。。
オーディンはどうしたんだろう?


後はマーベル映画ではお約束のオマケカット。
「インフィニティストーン」とやらの物質をコレクターを名乗る怪しい男に保管を依頼するアスガルドのソーの仲間達の姿と、その物を眺めながら「あと五個だ・・・」とつぶやくその謎の男。

次回への伏線でしょうかね。
あと五個って、あれ集めるとどうなるんでしょうか?
シェンロンでも呼び出せるのかな...
『アベンジャーズ2』なのか『マイティーソー』の次回作なのか分かりませんが、なんにせよ楽しみです

そして、ED終了後
何年かの放置を覚悟してたジェーンの元に、今度はわずか二日でソーが帰り END。

全体的には面白かった作品で良かったんですが
一番笑ったのは、ネットで見た中国の例の宣伝ポスターかなww
間違ってとんでもない画像(ソーの腕の中にいるジェーンが何故かロキになってる)が宣伝ポスターとして発表されてしまったヤツ。

どこをどう間違えたら、あれが発表されるのか不思議でしょうがねぇ
あのコラ画像はヒドイ... 爆笑させていただきました。 (;゚;ж;゚; )

ちなみに
この画像を見た当の本人達であるクリス・ヘムズワース(ソー)とトム・ヒドルストン(ロキ)も爆笑したそうな―



長文失礼しました。最後までお付き合いありがとうございます。 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

訪問者さま
プロフィール

藤狐 (ふじぎつね)

Author:藤狐 (ふじぎつね)
―巣穴―
 東日本
―誕生日―
 アンディ・ガルシアと一緒

訪問ありがとうございます。

洋画に偏りがちな気ままな感想文で、内容と好みの場面をピックアップしてツッコミ入れてます。
アニメ・小説の感想、日常もちらほら登場。

気分に乗じて書いているので、シリーズ物は ばらけがちです。
また、ネタバレは大いにありますのでご注意ください。

☆作品一覧はこちら☆

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
ご挨拶
こんにちは 初めての方は初めまして
ポチっとな
どちらでも構いませんので、押していただければ幸いです
ブログラム
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。